wedget wedget wedget
wedget wedget wedget

松江城山稲荷神社式年神幸祭 ホーランエンヤ

その他
  • History
  • Focus
  • Gallery
  • Information
開催日時

2023年開催予定 (12年に一度の5月中旬の9日間)

12年に一度、約100隻の船が大橋川と意宇川を舞台に繰り広げる、豪華絢爛大船行列「ホーランエンヤ」。

360年の歴史を有す松江城山稲荷神社式年神幸祭の通称で、古くから宮島の管絃祭、大阪天満の天神祭と並び、日本三大船神事の一つといわれる、水の都松江が誇る全国最大級の船祭りです。

9日間にわたって執り行われる神幸祭の見所は、何と言っても「渡御祭」と「中日祭」と「還御祭」。特に渡御祭と還御祭では、五大地と呼ばれる地域の人々が色とりどりに装飾した櫂伝馬船に乗り組み、松江市指定無形民俗文化財「櫂伝馬踊り」を勇壮に披露します。

威勢のいいホーランエンヤの唄声に整然と揃う櫂さばき、舳先で威風堂々見得を切る歌舞伎姿の剣櫂、艫で艶めかしく身をくねらす女装の采振りと、私たちの眼前では空前絶後の一大錦絵巻が繰り広げられます。

お問い合わせ: 観光文化ブランド推進課

Telephone
電話

0852-27-5843

Fax
FAX

0852-26-6869

Links
おすすめリンク

しまね観光ナビ

History

松江城山稲荷神社式年神幸祭とは

慶安元年(1648)、出雲の国が大凶作の危機に見舞われた。これに心を痛めた松江・松平家初代藩主松平直政公が、当時効験の誉れが高く稲荷神社の社司を兼務していた阿太加夜神社(八束郡東出雲町)の神主松岡兵庫頭に命じ、城内に祀られた城山稲荷神社の御神霊を阿太加夜神社へ船でお運びし、長期にわたり五穀豊穣を祈願させた。松江城山稲荷神社式年神幸祭のはじまりである。祈願は見事に成就し、以後※式年で神幸祭が行われる慣わしとなった。

五穀豊穣にあわせ、国民の健康や幸せを祈願する祭りとして、360年もの永きに亘り、現代に至るまで脈々と守り受け継がれ、古くよりその年は平和であり、経済好況であったと伝えられている.

Focus

絢爛豪華な船行列

「櫂伝馬船(かいでんません)」と呼ばれる踊り船など、約100隻の船による絢爛豪華な船行列。

Video
Information
Hotels
なにわ一水

島根県松江市千鳥町63

0852-21-4132

Hotels
松江しんじ湖温泉 皆美館

 島根県松江市末次本町14

0852-21-5131

Hotels
松江東急イン

島根県松江市朝日町590

.0852-27-0109

Hotels
松江しんじ湖温泉 大橋館

島根県松江市末次本町40

0852-21-5168

Special Place
松江ホーランエンヤ伝承館

松江市殿町250

0852-60-2005

Special Place
松江城

松江市殿町1-5

0852-21-4030

Special Place
ぐるっと松江堀川めぐり

松江市黒田町507-1

0852-27-0417

Special Place
小泉八雲記念館

松江市奥谷町322

0852-21-2147

お祭りをテーマから検索

お祭りをキーワードから検索

wedget wedget wedget
wedget wedget wedget
Pathway Banner
Pathway Banner