wedget wedget wedget
wedget wedget wedget

浅間神社例大祭「お富士さんの植木市」

その他
  • History
  • Focus
  • Gallery
  • Information
開催日時

5月と6月の最終土日の4日間 11時〜15時

浅間神社は、「お富士さん」と呼ばれて親しまれています。

この植木市は東京でも最大級の規模のもので、沢山の植木商が、浅草寺裏より浅間神社周辺に集まります。

丁度入梅の時期で、植木を移植するのに最好機にあたり、「お富士さんの植木市」で買った木は良くつく、と言われています。

お問い合わせ: 浅草観音うら一葉桜振興会

History

昔から変わらぬ初夏の風物詩

昔の祭日は5月晦日(みそか)と6月朔日(ついたち)で明治以降は富士山の山開きが7月1日になったので、6月晦日と7月朔日にも行われるようになった。

合計4日間の珍しい祭日となっている。

縁日になると、周辺の道路に色々物売りが出、明治以降は六郷家の下屋敷跡を中心に植木市が立つようになり、ちょうど入梅の時で植木を移植するのに最好期 にあたり、お富士様の植木市で買った木はよくつくと言い伝えられ、次第に盛んとなった。

現在では5月・6月の最後の土日に柳通りを中心に植木屋がならび、時ならぬジャングルを現出している。

平成20年の浅草警察署の調査では4日間の人出は延30万人と云われている。

Focus

350軒以上の植木屋が連なる圧巻の植木市

浅間神社の例祭日は富士山山開きの日の7月1日であり、その縁日とされる植木市は5月と6月の最終土日の4日間に行われる。

植木市では350軒以上の植木の露店が並び、初夏の風物詩として賑わいを興す。

昔から富士山に対する信仰は盛んで、全国各地に浅間神社の勧請や富士講の組織作りが行われ、富士山の山開きの旧暦6月1日には、富士詣りのできない人々が、各地元の浅間神社に参詣したと云われる。

Video

お祭りをテーマから検索

お祭りをキーワードから検索

wedget wedget wedget
wedget wedget wedget
Pathway Banner
Pathway Banner