wedget wedget wedget
wedget wedget wedget

納めの観音 歳の市「羽子板市」

その他
  • History
  • Focus
  • Gallery
  • Information
開催日時

12月17日 18日 19日

師走の17~19日に、浅草寺境内で開かれる羽子板市は浅草の風物詩として有名です。

羽子板市の当日には、浅草の綺麗処が観光PRを兼ねて境内周辺を回りました。

綺麗処が境内の所々に立ち止まると、周辺に訪れていた観光客も足を止めカメラを押している姿を多く見ることができます。

羽子板市の起源は、古くは「邪気を跳ね返す板」として女の子の成長からを願う風習からきています。

現在のような浅草の羽子板位置は明治中期、毎年歳末に行われる浅草寺「歳の市」の主要商品として販売されていたのが始めといわれ。

戦後の昭和25年頃には「羽子板市」の名で呼ばれ、歳末の風物詩として定着しました。

お問い合わせ: 浅草寺

Telephone
電話

03-3842-0181

website
WEBサイト

浅草寺 年中行事

Links
おすすめリンク

浅草寺

History

江戸後期のころから女子の誕生した家に羽子板を贈る風習

江戸時代、毎年12月17・18日に正月用品や縁起物を売る店が境内に集まり「歳の市」と呼ばれ、それらを毎年この市で求めることを吉例とした人々で賑わう江戸随一の市としてその名が知れ渡っていました。

現在この「歳の市」は、「羽子板市」としてその形をとどめています。

これは羽子板でつく「おい羽根」が害虫を食べる「トンボ」に似ているため、悪い虫がつかないとか、またそのかたい「豆」(むくろじ)の部分から「魔滅(まめ)」にあてられ魔除けになる、あるいは「マメに暮らせる」などの縁起を担ぎ、江戸後期のころから女子の誕生した家に羽子板を贈る風習ができました。

これによって羽子板を正月の縁起物として「歳の市」で扱う店が増えていったからだと伝えられています。

現在では「納めの観音ご縁日」の前後も含め、12月17~19日に「羽子板市」として境内に数十軒の羽子板の露店が軒を連ねます。

また、この日より新年の福徳を祈願した「恵比寿大黒天御影(みえい)」や「縁起小判」も授与されます。

Focus

時事ネタや人気タレント、スポーツ選手が羽子板に!

東京を代表する冬の風物詩として毎年さまざまなデザインが並ぶこの市は、江戸末期頃、羽子板に流行の歌舞伎役者を貼りつけたことから女性に人気を集め、徐々に羽子板の市が増え「羽子板市」として定着。

明治以降は羽子板の技術も発展し、「江戸押絵羽子板」として昭和60年に東京都の伝統工芸品に指定されました。

Video
Information
Hotels
リッチモンドホテル

リッチモンドホテル

03-5806-0255

Hotels
浅草ビューホテル

東京都台東区西浅草3-17-1

03-3847-1111

Hotels
ホテル京阪 浅草

東京都台東区浅草2-12-4

03-5830-0321

Hotels
ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

東京都台東区雷門2-16-11

03-5826-3877

Special Place
浅草花やしき

東京都台東区浅草2-28-1

03-3842-8780

Special Place
東京スカイツリー

東京都墨田区押上1-1-2

03-5302-3470

お祭りをテーマから検索

お祭りをキーワードから検索

wedget wedget wedget
wedget wedget wedget
Pathway Banner
Pathway Banner